JO Architectsの強み

advantage of JO Architects

 

HOME > 会社案内 > JO Architectsの強み

advabtage 1 

設計事務所  施工会社 

 

住まいなどの建築が出来上がるまでには、設計期間と、施工期間があります。一般的には、設計事務所が設計を行ったあとに、施工会社や工務店が工事を行います。
JO Architectsでは、お客さまの要望に添えるよう、設計事務所という概念にとらわれずに運営しており、施工も請け負える下記のような体制を整えています。
 

  1. 設計と施工を分離する体制
  2. 設計と工事を一貫して請け負う体制
  3. お客さまの希望に沿った方法(分離発注など)

 


 

advabtage 2 

設計力  価格力

 
JO Architectsは、住まう人のことを真摯にとらえ考えますので、設計力では絶対に負けません。プラン(間取り)の提案を差し上げますので、他社と比べてください。
 
JO Architectsでは、設計と工事を一貫して請け負う体制をお勧めしておりますので、価格力でも負けません。
それは、設計した本人が請け負うからこそ、

  • 建築の隅々まで把握している     → 工事の監理がしっかりできる
  • 建築材料の数量が把握できる     → コストコントロールがしっかり行える
  • お客様の窓口がJO Architects一人になる   → 現場監督費用が減る

ということが、可能となるからです。
 
設計の原点を、追求してきたからこそ、ハウスメーカー・工務店に負けない力となります。
 


 

advabtage 3 

デザイン力  構造設計力 

 
地震国の日本だからこそ、デザインはもちろんのこと、地震に対しても安全な建物を設計するのは当然です。
 
JO Architectsでは、ビル・マンションの構造設計も経験してきた " 構造のスペシャリスト(構造一級建築士) " により、家の設計をします。構造設計により裏打ちされた空間により、デザインの自由度は増し、広々とした豊かな空間を造り上げられます。

お客様からは、「地震がきたとき、今まで住んだ家よりも、揺れの体感が違う」と安心の声をいただいています。
 


 

advabtage 4 

  設計によるハード面  収納計画によるソフト面

 
JO Architectsでは、30年先のことも大切に考えています。
プラン(間取り)による設計のハード面では、子どもの誕生や、将来の世帯の状況により、増築を可能にしたり、スケルトン・インフィルなどのプランの変更なども考えます
 
収納計画によるソフト面では、家全体に対する収納量と部屋の大きさ、空間性を把握し、最良のバランスを求めます。弊社には、女性の収納プランナーがおり、

  • 家具設計に欠かせない収納量の把握
  • 各場所ごとに適した収納の仕方の提案
  • キッチン、バス・洗面所周りの提案

など、女性目線の生活動線でとらえることにも配慮しています。
設計のハード面はもちろんのこと、生活のしやすさなどのソフト面もしっかり見据えて設計します。
 


 

advabtage 5 

営業費ダウン  建築費アップ 

 
お客様の費用の最大化を 。建築費には、建物をたてる純粋な工事費のほかに、さまざま費用がかかります。
 
JO Architectsでは、最大限に建物にお金をかけられるよう、人件費のかかる営業マン、運営費のかかるモデルハウスもおかず、運営しております。人件費や経費をできる限り抑え、お客様の家に還元したいという想いからです。